なんと交通費を貰えるクリニックもある

全国にレーシックのクリニックを展開している有名な眼科医院の多くが交通費の補助制度を採用しています。
補助金が支給されることとなる条件や金額はほぼ一定となっているので、上手に利用していきましょう。

 

レーシックの交通費支給というのは、クリニックの県以外のところから通院される方が対象となります。
いくら遠方だったとしましてもクリニックがある県の場合におきましては、支給の対象外となることもあるのでご注意ください。
「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。 レーシックを行う患者さんの負担を少しでも緩和するためのサービスというのが最近では非常に充実しています。
数あるクリニックの中には遠方から訪問される患者さんに対して交通費を補填してくれるクリニックもあるのです。

 





フコイダンは
URL:http://daiichi-sangyo.com/
フコイダンcheck!


なんと交通費を貰えるクリニックもあるブログ:22 9 17

今では少なくなりましたが、
わしが娘の頃、
駄菓子屋さんって、街のあちこちにあったんですよね。

わしは駄菓子屋さんに恵まれていて、
家から歩いて5分以内のところに3軒もありました。

まず1軒目には、
おやつ、菓子菓子パン、タバコ、切手などが置いてありました。
菓子菓子パンが置いてあったので、
わしの家では菓子パン屋さんと呼んでいました。

このお店では、
1円のあめと5円のようかんをよく買いました。
また、その頃わしの親父はヘビースモーカーだったので、
親父のタバコをよく買いに行かされたりもしました。

別の1軒は、
おやつよりも、おもちゃなどが豊富でした。
そこでは、銀玉鉄砲の玉とかをよく買いました。

そしてもう1軒の駄菓子屋さんでは、
おやつも買いましたが、
当てもんをするのが好きでした。

しかし、
他の娘が1等や2等を当てているのを見たことはありましたが、
わしは1等どころか2等も3等も当たったことがなく
ハズレばかりだったのを覚えています。

ところで、今は、
一年中アイスを売っていますが、
昔は夏しか売っていなかったんですよね。

たぶん冬に売っていたとしても、
家の中が今ほど暖かくなかったので
全く売れなかったのだと思います。

このお店でも、夏になると、
アイスを売ってました。

その中には、
当たりくじ付きのアイスもありました。

わしはこのアイスでは、
当たりを出すことができました。
当たりが出ると、
アイスをタダでもう1本もらえるんですよ!

「名糖ホームランバー」というアイスも好きでした。
これにはホームランとヒットという当たりがあり、
ホームランだとそれで1本、ヒットだと3本で
1本のアイスがもらえたのです。